プログラミング/ブログ/就活/SNS運用/自己研鑽/TOEICなどを頑張る休学中の大学生のブログ

ベンチャーではなく大手に行くべきである理由

この記事のターゲット

  • 大手かベンチャーで迷っている人
  • 成長意欲がある人
  • 他の就活生がどんなこと考えているのか知りたい人
  • 暇な人!

この記事について

僕は22卒の就活生です。

ざっくり僕について説明すると、神戸大学/NOT看板学部/NOT体育会/ボランティア経験なし/休学中/成長意欲めちゃめちゃあり、的な感じです。

このブログでは今年一年、僕が就活をしていくにあたって得た有益な情報や僕の失敗談を包み隠さずに発信していこうと思っています。

就活生のありのままの実態を把握できると思いますので、是非チェックお願いします!

ではこの記事では、僕がベンチャー企業ではなく大手企業に行くべきだと僕が判断した理由について話していこうと思います。

あくまでも最近就活を意識し始めた一個人の意見であることをご了承ください。ですが、社会人の先輩や21卒の就活生と話して導き出した結論です。

結論

僕が大企業を狙うことにした理由は以下の三点です。

  • 新卒カードの有効活用
  • 教育制度が充実している
  • いきなり裁量なんて持つべきでない

それでは順に開設していこうと思います。

大手を選ぶ理由

1.新卒カードの有効活用

大企業を選ぶ一つ目の理由として、新卒カードを有効活用するというのがあります。

みなさん新卒カードという言葉をご存知ですか?

要するに新卒は「ポテンシャル採用」で中途は「即戦力採用」であるため、新卒の時が最も入社しやすいという考え方です。

そして例外はありますが、転職するとその度に年収や会社のランクは落ちていくと言われています。

「一社目が大事」という理由がよくわかりますね。

 

実は僕は成長志向があり、最初はベンチャー企業一択、みたいな考え方をしていました。

しかし人生経験として大企業がどのようにして回っているのか、どんな仕事をしているのか、というのを入社して肌で感じてみたいと思っていました。

 

ここで、一社目でベンチャー企業に入社してしまうと、自分に相当な実力がつかないと大企業に転職するのは難しいと考えました。

そのため一社目は大企業で、もし転職したくなったらその時にベンチャー企業に転職、という流れでキャリアを歩めば良いと考えました。

2.教育制度、福利厚生が充実している

大企業を選ぶ二つ目の理由として、教育制度や福利厚生が充実しているということが挙げられます。

学生時代にビシビシと長期インターンをしていたような学生は別かもしれませんが、ほとんどの大学生にはビジネスマナーというのが無いと思います。

こういったビジネスをする上での基礎の基礎を丁寧に教えてくれるのが大企業なのでは無いでしょうか。

もちろんどの会社にも新人研修というものはあると思いますが、大企業はかなり手厚く教育されるイメージです。

そのため将来起業や独立を考えている場合でも、手厚い教育を一度経験しておくのが良いのでは無いでしょうか。

また福利厚生も大企業の方が手厚いですよね。

やはり会社の規模の違いもあり、大企業の方が持っているお金は圧倒的に多いです。

社会人一年目でお金に余裕が無い時には、福利厚生がしっかりしている方が助かりますよね。

3.いきなり裁量なんて持つべきでない

これは人によりけりですが、僕はいきなり裁量権なんて持たされるべきなのか、と考えました。

恐らく新卒でベンチャーに行きたい人は次のように考えているのではないでしょうか。

「大企業に入って上司や会社のコマになって雑務をさせられてたまるか、裁量権を持って働いて成長しまくるんだ!!」

実際に僕もこのように考えていましたし、確かに大企業一年目は成長に直結しない仕事も多いかもしれません。

ですが考えてみてください。

ついこの間まで大学生だった人が、いきなり大きな裁量権を持たされたら困りませんか?

めちゃめちゃ優秀だったりビジネス経験豊富な方は別かもしれませんが、僕みたいな地道に積み上げていくタイプの人間には厳しいかもしれません。

少し前の僕は、実際にやるしかない状況になれば限界突破して成長するんじゃね?って考えていましたが、根拠がなさすぎました。

初めは先輩の仕事や考え方を観察して、吸収していく方が自分に適していると考えるようになりました。

これが最後の理由でした。

まとめ

僕がベンチャー企業ではなく大企業を狙うことにした理由は

  • 新卒カードの有効活用
  • 教育制度が充実している
  • いきなり裁量なんて持つべきでない

でした!

もし共感していただけたり、自分を見直すきっかけになってくだされば嬉しい限りです!

最後まで読んでくださりありがとうございました!!

フォローよろしくお願いします!