プログラミング/ブログ/就活/SNS運用/自己研鑽/TOEICなどを頑張る休学中の大学生のブログ

[名著]「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでみた

この記事について

この記事では言わずと知れた名著「金持ち父さん貧乏父さん」の簡単な解説をした後に、大学生である僕が何を感じたかについてお話していこうと思っています。

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金 ...

読んだことがある方は復習がてらに、まだ読んだことない方はサラッと内容を把握して読んでみるか決めてみてください!

「金持ち父さん貧乏父さん」とは?

作者はロバート・キヨサキで、初版で三十六刷されている名著中の名著です。

もはや知らない人はいないくらい有名なビジネス書ですね。

本書では主人公のエリートサラリーマンであるお父さんを「貧乏父さん」、友達の中卒であるお父さんを「金持ち父さん」として物語形式で話が進められていきます。

この「貧乏父さん」と「金持ち父さん」の考え方を比較しながら、お金持ちになるには何が必要かを教えてくれます。

ではこれから本書で語られるお金の真実について、2点ピックアップしてお話していこうと思います。

“"

1.持ち家は負債!?

みなさんは「マイホーム」を持っていますか?

それとも将来家族ができたら豪華な「マイホーム」を買って悠々自適にすごしたいなんて夢がありますか?

僕は本書を読むまではある程度稼いだ後はマイホームを購入するのは当然だし、自分もそうなるんだろうと想像していました。

しかし本書では「持ち家」は完全なる負債であると述べられています。

多くの人は長期間住むなら、マンションの一室を借りるよりもマイホームの方が安いし、売却すればお金が返ってくると考えています。

しかし本書では、持ち家は負債であるときっちりと書かれています。

「金持ちは資産を買う。中流以下は負債を資産と思い込む。」

なんてことまで書かれています。

簡単な理由としては、持ち家というのは何千万円ものローンを組んで購入し、毎月稼いだ給料から減らされていきます。一種の借金です。

また何年も使用された家なんて売る時には価値なんてほぼないようなものですから、お金が返ってくるなんてことはほとんどありません。利益が出てきたとしても税金でほとんど持っていかれる。

こんなことは少し考えればわかるはずなのになぜ多くの人は持ち家を買ってしまうのでしょうか?

それは思考停止状態で、世の中の常識やうまい宣伝に騙されているからです。

家族ができたらマイホームを持つなんてのは一種の常識化していますし、このこと疑いを持つ人は少ないのではないかと思います。

さらにテレビをみていると

「夢のマイホーム建てませんか!!!」

なんて幸せそうなCMが流れてきますよね。

口のうまい営業マンもいるかもしれません。

そういう情報に騙されないようにしないといけません。

 

余談ですがマイホームを購入すること自体は悪いと思いませんし、むしろ素晴らしいことだと思います。しかし、自分の頭でメリットデメリットを考え、それを比較して決断することが大切ですね。

 

2.本当の資産は自分のビジネスである

先ほど持ち家は負債であるということをお話しましたが、ではどういったものが資産に当てはまるのでしょうか?

本書では、本当の資産は自分のビジネスであると述べられています。

理由は一言で言うと「節税」するためです。

会社の所得税率は個人の所得税率より低いことに加え、会社の場合は経費として税金を引かれる前の収入からお金を支払うことができます。

サラリーマンの所得税というのは恐ろしく、累進課税制度といって稼げば稼ぐほど税金を払わなければなりません。(参考:所得税の税率)

この所得税がサラリーマンを貧乏にさせる最大の原因なのです。

 

・会社を持つ金持ちは

1.稼ぐ⇨2.お金を使う⇨3.税金を払う

・会社のために働く人は

1.稼ぐ⇨2.税金を払う⇨3.お金を使う

このような仕組みになっているのですね。

 

また別の資産として、株、不動産投資、債権などが挙げられています。

会社で稼いだお金を無駄にするのではなく、これらの資産に当てることができる人がお金持ちに近づけると述べられています。

“"

大学生である僕が抱いた感想

僕が本書を読んで思ったことは、

  • 難しい・・・
  • 今すぐには生活に落とし込めない

こんな感じでした(笑)

正直大学生が本書を読んでもすぐに実践できることはあまりないと思いました。

そう言った意味ではしっかりとお給料をもらっている社会人が読んでみるのが良いのかと思いました。

しかしすぐに実践できなかったとしても、

  • お金に関する正しい考え方
  • 今後のお金の使い方
  • 自分が将来どうあるべきか

についてしっかりと考えることができましたし、本書の教えを徹底することで人生が良い方向に導かれていくような気がしました。

終わりに

ここまで記事を読んで下さりありがとうございました!

この記事では「金持ち父さん貧乏父さん」に書かれているわずかな情報しか書かれていません。

まだ読んでない方は、早い段階で一度読んでおくことを強くお勧めします。

もし他に紹介して欲しい本などがあれば、メニューにあるお問い合わせページからご連絡をください!

皆様のご連絡お待ちしております!!

フォローよろしくお願いします!